読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜野犬ウランとの毎日〜

保健所から野犬を迎え、一緒に暮らすことになりました。

保健所の譲渡審査

保健所によって違うのですが、ウランが収容されていた所では、説明や誓約書の他に野犬限定で譲渡審査なるものがありました。首輪つけ、リードつけ、バリケン収容です。これさえ出来ない人には野犬は扱えないから、ということらしいです。

 

2016年7月5日、私は県外だったので、まず保健所に電話して簡単な口頭審査を受けました。犬を飼ったことがありますか?等の簡単な質問をいくつか受けました。緊張していたのですが、意外と簡単に『まず会いに来てください』と言われました。えっ?いいの?と拍子抜けしつつ、サクサクボランティアさんともやり取りし、その日のうちに保健所に行く事になったのです。

 

保健所でボランティアさんと待ち合わせしました。保健所なんていう所に行くのは初めてで、どうしたら…まだボランティアさん来てないのかな…と、私の方が先に着いて不審者のように受付前でウロウロしていると、ボランティアさんが気づいてくれて、職員さんとボランティアさんと一緒に犬が係留されている部屋へ行くことになりました。

 

最初、犬がいる部屋に入った時はショックでした。コンクリートと鉄の檻の中に犬が何頭も繋がれていたからです。また、犬の中でも、うなだれている犬とウロウロ歩いて吠えている犬がいました。ボランティアさんが「うなだれているのが野犬で、吠えているのは元飼い犬です。野犬は吠えないんですよ。全然違うでしょう?すぐ分かるんですよ。」と教えてくれました。

へぇーそうなんだ、確かに…と思いながら、んでウランはどこだ?と探すと、いました。繋がれて隅っこに固まっていました。

うわぁ本当に固まってる…動画で見るより怯えて悪い状況に見えました。ボランティアさんが他の子犬を指して「別にこの子でなくてもこっちの子なら慣れるのも早いしお留守番もできると思いますよ。」と言ってくれました。でも、私はウランと決めていたので「ウランがいいです。」とお願いしました。

 

下の写真は、保健所で里親募集をかけられていた時のものと、捕獲されてすぐ檻の中に入っている様子と、首輪、リードを付けられて係留されている様子です。懐かしいです。

f:id:az50111385195t100:20170220143142j:imagef:id:az50111385195t100:20170220143516j:imagef:id:az50111385195t100:20170220143534j:image

念願だった犬と暮らすということ2

ウランは、保健所に収容された野犬で、ボランティアさんが里親サイトに載せていました。写真だけでなく動画も載せてくれており、隅に固まり唐揚げを与えても手からは食べようとしません。左腕を怪我しており骨が少し見えていました。可愛らしい容姿と頑なな様子が印象に残り、それから何度もウランのページを見ていました。

 

この子の期限はもうすぐだ…保健所に収容されているということは期限を過ぎたら殺処分されるの?

私、こんな病気や怪我してて、怖がりな子の世話できるの?

将来この子が歳取ったら看取れるの?

 

何度も考えて悩みました。耐えきれずサイトに載せていたボランティアさんに質問し電話してしまいました。『野犬ってね、とても室内飼育に向いていると思うんです!吠えないし噛まないしトイレも最初からちゃんとできる子が多いんですよ。できる限りサポートしますし、覚悟さえあれば飼えると思います。』

 

そうか、私に覚悟があればいいのか。

これだけ気になるのにもう知らないふりはできないな。

いつやるの?今でしょ!(古い)

 

こうして私はウランを迎える決意を固めたのです。

念願だった犬と暮らすということ

私は、保健所から野犬だったウランを引き取りました。犬を飼うこと自体初めてだったので、分からないことだらけでしたが、かけがえのない存在です。もう、一緒に暮らし始めて半年が経ちましたが、出会いから振り返って綴っていこうと思いブログを始めました。これを見て、ペットショップ以外から犬を迎える選択肢を選ぶ方が増えればと思います。

 

 

私は、幼い頃から動物が好きで親に飼いたいとねだったこともありましたが、「あんたじゃ世話できんやろ。うちらは手伝わんで。」等と言われ諦め、ずっと心に秘めて来ました。動物は何でも好きでしたが、一緒に散歩に行ったり遊んだりできる犬がいいなぁと漠然と考え、ブリーダーサイトやペットショップも見ていました。しかし、どこかしっくり来ず、仕事もあるし、かわいーけど私には無理よなーと思ってました。

 

そんな時、いつものようにサイト検索していると里親サイトなるものがあるのを発見し、覗いてみることにしました。すると、今まで全然知らなかった保健所や預かりボランティアさんからの里親募集が沢山載っており、大変驚きました。言い方は悪いですが、大金出さなくても犬って飼えるんだ!なんでこんなにかわいい子達が里親さんを待ってるのに、わざわざペットショップで飼おうとしてたんだろう…と衝撃を受けました。

 

まぁかと言って、(それすら知らなかったですが)保健所の子は病気や怪我をしていることもあるし、身体だけでなく心にも傷があるかもしれん子達を初心者の私では面倒見切れんだろうと思っていたので、里親サイトを見るだけでとどまっていました。

 

そんな私が、野犬だったウランを迎える事になったのは、特に運命的な出会いがあった訳ではなく、里親サイトを見まくっていた結果、かわいい子がおる!と一目惚れしたからでした。