読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜野犬ウランとの毎日〜

保健所から野犬を迎え、一緒に暮らすことになりました。

念願だった犬と暮らすということ

私は、保健所から野犬だったウランを引き取りました。犬を飼うこと自体初めてだったので、分からないことだらけでしたが、かけがえのない存在です。もう、一緒に暮らし始めて半年が経ちましたが、出会いから振り返って綴っていこうと思いブログを始めました。これを見て、ペットショップ以外から犬を迎える選択肢を選ぶ方が増えればと思います。

 

 

私は、幼い頃から動物が好きで親に飼いたいとねだったこともありましたが、「あんたじゃ世話できんやろ。うちらは手伝わんで。」等と言われ諦め、ずっと心に秘めて来ました。動物は何でも好きでしたが、一緒に散歩に行ったり遊んだりできる犬がいいなぁと漠然と考え、ブリーダーサイトやペットショップも見ていました。しかし、どこかしっくり来ず、仕事もあるし、かわいーけど私には無理よなーと思ってました。

 

そんな時、いつものようにサイト検索していると里親サイトなるものがあるのを発見し、覗いてみることにしました。すると、今まで全然知らなかった保健所や預かりボランティアさんからの里親募集が沢山載っており、大変驚きました。言い方は悪いですが、大金出さなくても犬って飼えるんだ!なんでこんなにかわいい子達が里親さんを待ってるのに、わざわざペットショップで飼おうとしてたんだろう…と衝撃を受けました。

 

まぁかと言って、(それすら知らなかったですが)保健所の子は病気や怪我をしていることもあるし、身体だけでなく心にも傷があるかもしれん子達を初心者の私では面倒見切れんだろうと思っていたので、里親サイトを見るだけでとどまっていました。

 

そんな私が、野犬だったウランを迎える事になったのは、特に運命的な出会いがあった訳ではなく、里親サイトを見まくっていた結果、かわいい子がおる!と一目惚れしたからでした。