〜野犬ウランとの毎日〜

保健所から野犬を迎え、一緒に暮らすことになりました。

ウランの住居について

ウランを引き取るにあたって、初めにボランティアさんから、

「お留守番が長いのなら、屋根付の大きめのケージを用意してください。野犬は運動能力が高く、助走無しで2mジャンプできる力があります。」

「リードも鉄製でないと噛み切るので、チェーンリードを用意してください。」

と言われました。後は、ベッドや餌入れなど他の犬と同じでよいそうです。確かにウランは来てから数日で、ボランティアさんに付けていただいていたビニール製のリードを噛みちぎっていました。普段大人しいので鋭い歯を持っているということを忘れそうですが、身が引き締まる思いがしました。

 

さてさてウランはというと…前にも書いたのですが、ウランは全く動きません。しかも、広めのケージなのに、わざわざ狭いトイレスペースで暮らし始めて、そこ以外は立ち入ってくれません😭スペースめっちゃ無駄…。ということで、ケージ取っ払ってしまおう!と思い立ちました。

また、それと同時に、ビビリのウランは散歩にも行けないので爪がめちゃくちゃ伸びてきてました。初め、私が切ろうと挑戦してみたのですが、上手くできず、終いには血が出てしまい、全く鳴かないウランが「キャン!」と叫びました😱これはマズイ…ということで、いざという時に頼れる獣医さんを探しておくためにも、動物病院に行くことを決めたのです。しかーし、ウランは外に出られません。バリケンも最初外してからはずっと入ってなかったので、入らなくなっていました。

よって、ウランバリケン訓練とケージ取っ払いをすることにしました。

まず、バリケンをいつもの寝床(元トイレ)に入れて様子見です。警戒して入らない…💧

f:id:az50111385195t100:20170708205250j:imagef:id:az50111385195t100:20170708205431j:image

どうしよう…と不安になりつつも放置していると、しばらくして入ってくれました。

良かった…。最初は出てきてくれなくて困ったところに入れなければならないとは…と少し矛盾を抱えつつも、これで動物病院に行けるな😝と安心したのでした。無駄なケージがなくなり、部屋も広くなり、私も快適です。

 

 

 

『何だかんだ狭いところは落ち着くわ…』

f:id:az50111385195t100:20170708205640j:image

ウランがテレビ見てるよ。

なかなか進展の見られないウランさん、、私がいない時にはケージから出て来ていましたが、同じ部屋にいるとケージの隅で塊になっていました。なんで懐いてくれないの…と少し心の中で落ち込みつつ、気にしないようにして、できるだけ同じ空間で生活するようにしていました。

 

そんなウランでしたが…迎えてから約3ヶ月程だったある日、突然、私がテレビを見ていると、ケージからのそっと出て来て、お気に入りのトイレシートで落ち着いて、テレビを見始めたのです!!

ウランは平然とテレビを見ていましたが、私の心の中はドラマどころではなくなってしまいました。「えぇウソー!ウラン出て来たやん!私おりますけど!写真撮りたい!でも急に動いたらビビるかも…。」ソーッと携帯を取って写真を撮りました!

10股不倫をしている男のドラマ…。「あぁ、教育に良くないわ…」と思いつつ、また一つ成長してくれたウランに感動でした。

 

 

 

『箱の中で人間が動いてる…?同じ部屋にあの人いるけど、何もしないしまぁいいか。』

f:id:az50111385195t100:20170708203340j:image

ウランのご飯について

来た当初はウランがいた保健所と同じドッグフードを購入して与えてたんですが、1ヶ月程してドッグフードを食べなくなりました。段々食べる量が減り、遂に生命を維持する最低限くらいしか食べなくなりました。『なんで??😢』と悩んだ挙句、手作りご飯を作ってみる事にしました。

色々本を借りたりネットで調べたりして、食べられない物や基本を勉強しました。

総合すると、

・カロリーより食べる総量で考える (1食犬の頭くらい)

・肉多めで、最低野菜2、3種類

・炭水化物は絶対必要ではない、与える時は玄米などが良い

・野菜は細かく切って消化しやすいように

・味付けはなくてよい、ミネラルのため少量の塩か味噌など

・全部よく煮込む

って感じでしょうか。量は、ワンコの様子を見て加減していくとのこと。手作りご飯については賛否両論でドッグフードが良いという人もおられるとは思うのですが、うちはドッグフード食べなくなったし、水分もしっかり取れるという事で試してみました。

 

すると…モリモリ食べてくれました!!

しかも私の目の前で!!

やっぱりドッグフードより手作りご飯のがおいしいのかなぁと感じた瞬間でした。

f:id:az50111385195t100:20170321141954j:imagef:id:az50111385195t100:20170321142018j:imagef:id:az50111385195t100:20170321142100j:image

因みに野犬は水をほとんど飲みません。水場が危険だったからだそうです。これについても悩んだのですが、肉の茹で汁をあげたりヤギミルクを溶かしてあげたりしていました。手作りご飯でこれも解決!

 

ドッグフードを食べなくなった原因ですが、今思うと湿気って劣化していたのかなぁと…。ということで、真空保存できる容器と調べまくった結果一番良いのではないかと感じたドッグフードを購入し与えることにしました。すると、ドッグフードも食べてくれるようになりました。

手作りは時間もかかるし、なんだかんだでドッグフードの栄養バランスには敵わないので、現在は半々くらいで落ち着いています。どっちもモリモリ食べてくれます。💩も問題ないし、ウランも喜んでくれるのでうちはこれが良いと思ってます。

ウランが立った!!

どうにかバリケンからケージにウランでしたが、移ったからどうという事もなく、相変わらず置き物のようでした。私がいるとハァハァ言い、撫でると絶望の表情になり、うなだれるばかりで立って歩く姿は見られません。ご飯も私がいないときに食べ、トイレも私がいないときに済ませていました。

しかし、来てから2週間程で段々トイレの場所が定まり始めました。自分がいる所ではしないので、ケージを1歩出た入口付近でトイレするようになりました。そして、私がお留守番用に購入した居住スペースとトイレが分かれた立派なケージのトイレ部分を寝床に決めて落ち着くようになったのです💧うむむ…中々希望通りにはいかないです笑

f:id:az50111385195t100:20170221230932j:image

 

そんなこんなで、ただただウランのご飯とトイレの片付けをするという日々が1ヶ月程続いたある日、ケージの中でウランが立っている!!

ウラン立てたのね…。そりゃトイレにご飯に動いてるのは確かなんですが、私といる時はずっとケージの中で固まって座るか伏せてたので、どこか半信半疑で、ずっとこのままだったらどうしよう…と辛くなることもありました。ウランにハァハァ言われながらも慣れてもらうために同室にいつづけ、ご飯の時はご飯を置いて部屋から出るという日々…💧

とりあえず少しだけ前進している事が分かり安心したのでした。

 

『もう…なんで触んの。怖い…。』

f:id:az50111385195t100:20170321143633j:imagef:id:az50111385195t100:20170321143713j:image

 

 

そして、さらに1ヶ月後、ウランがケージの外に出て来る姿を目撃しました。自分で書いてて「目撃」って…と思いますが、勘付かれたらすぐ引っ込むので、かなり貴重映像でした笑

 

部屋の外から盗撮する自分に悲しくなりつつ、出てきてくれた事に感動した瞬間です✨因みに、ケージのトイレ部分に住みだしたので、そこにふかふかベッドを置き、トイレシートを外に出しました。ウランは部屋の隅をトイレと決めたようで、そこで決まってするようになりました。特に、躾したということはないので非常にお利口さんです😊

f:id:az50111385195t100:20170321140006j:imagef:id:az50111385195t100:20170321135313j:image

我慢の限界…💩

ウランさん、うちに来て何日経ってもトイレをしません。また、ご飯も半日分を2日くらいかけて食べていました。それも、私がいない時にしか食べないので、気が付いたらご飯が減っている…という状況です。水も飲んでいるのか分からないくらい減っていません。

膀胱破裂するんじゃ…犬って普通どれくらいおしっこや💩するものなの?それすら知らない私は、またまたボランティアさんに泣きつき、アドバイスを頂きました。

『野犬は膀胱が発達しているので、3日くらいは平気で我慢しますよ。大丈夫です。水も野生でいる時には水場が危険なのでほとんど飲まないんです。うちの子も、手作りの水分の多いご飯をあげているのでほとんど水を飲みません。餌も最低限は食べているので大丈夫です。』

 

すごいな野犬…。

 

ということで、大丈夫という言葉を信じ、心配だけれどもご飯と水を交換して様子を見るだけ、という生活を続けました。しかし、バリケンの奥に固まって全く動かない💧置き物のようでした。

 

そして、ついに、ウランが来てから5日目、朝起きて様子を見ると、何とウランバリケンから出てケージに移動している!!

やったー!動いたんだね!!と喜んでウランに近付き、さらに空になったバリケンの中を見ると底がタプタプとおしっこの海に…😱冗談じゃなく波打つくらいのおしっこがバリケン内に溜まっていました…笑

まぁ何はともあれおしっこもできたし、バリケン引きこもりも終了だ…とホッとして、おしっこの片付けをしていると、なんか臭い…。そうです!移動した先のケージで更に💩をしていました!!びっくりしたけど💩も出たね〜。

 

我慢の限界だったんでしょう。

本当にどんだけ我慢強いんだ…。

これで私もひと安心です。

ケージに移動したのをこれ幸いと、ケージの扉を閉めてバリケンを片付けてしまいました。

これで、ウランのかわいい姿が見放題だわ。

と嬉しかったのですが、ハァハァと恨みがましい上目遣いでこちらを見るのは全く変わりませんでしたとさ😓

 

ここから約1週間、今度はタガが外れたかのように、そこら中でオシッコをするようになりました。そして量も多い💧ウランは元々決まった所にすると聞いていたので驚きました。

ウランがトイレに決めやすい所(部屋の隅とか)にトイレシートを置いていたのですが、ケージの中でオシッコしたら移動してオシッコしたら移動して…みたいなことを繰り返し、ちょっと慣れて来たら、たまにケージの入口の外でもしていました。

この時期はいつどこにオシッコするか全く分からないし、量も多いので片付けが大変でした。目を離すと床がオシッコでビショビショなことも多かったです。しかし💩は相変わらず5日に1日くらいしかしませんでした。

 

『ここはどこなの?もう殺されないの?ご飯食べてもトイレ行っても大丈夫かな…。』

f:id:az50111385195t100:20170220234614j:image

ウランとの生活開始。死なないよね??

バリケンとケージを連結させ餌を置いて就寝した私。

翌日は仕事がお休みだったので、ウランと触れ合うぞーと張り切っていたのですが、ウランバリケンから全く出て来ず、仕掛けておいた罠(餌)にも殆ど手を付けず、息が荒くハァハァと舌を出して苦しそうにしています。そう、新しい環境と私が怖くて、緊張で息が荒くなっているのです。

マジか。こんなに怖がりなの?私は何をしてあげるべきなんだろう…。一緒にいてあげたいけど、私がいるだけでハァハァで死にそうだ😢

 

バリケンの奥に引きこもっているので写真撮れず💧

 

f:id:az50111385195t100:20170220204818j:imagef:id:az50111385195t100:20170220205227j:image

どうしていいか分からないので、ボランティアさんに連絡を取ります。

『最初はそんなものですよ。かわいそうだからとそっとしておくのではなく、できそうなら撫でてあげたり手から餌をあげたりしてみてください。一緒の部屋にいてあげるだけでもいいです。』

との余裕の助言を頂き、とりあえず一緒にいることにしました。

しかし、全く動く気配もないし、朝ごはんも食べない。トイレは大丈夫なの?出て来ないんですけど…。

 

私も引きこもり続ける訳にもいかず、ちょっと離れてみた方が緊張しないかも…と思い、外出する事にしました。

 

 帰宅して、夕方、やっぱりご飯食べてないしトイレも行ってない😱水も飲んでない…。

 

マジで死ぬんじゃ…とビビりながらもウランとの生活がスタートしました。

 

ボランティアさんとウラン、そして引き取りへ。

保健所との約束で、ウランは避妊手術を受けなければならなかったのですが、ウランの収容されている保健所は県外で、しかも私が犬を飼うことすら初めてという事もあり、ボランティアさんがウランを先に保健所から預かって避妊手術も受けさせてくれる事になりました。

 

2016年7月15日、ウランはボランティアさんの手によって保健所から卒業しました。そしてそのまま避妊手術へ。大人しく手術を受け、伸びていた爪も切って頂いたそうです。

写真は、ボランティアさんの家に預かって頂いている間のウランです。ブラッシングして頂き、ゴミ袋2袋分くらいの毛が取れたそうです。この写真を見たときは別の犬?と思ってしまいました。とってもキレイにしてくれて感謝です。

f:id:az50111385195t100:20170219210618j:imagef:id:az50111385195t100:20170219210652j:imagef:id:az50111385195t100:20170219210747j:image

 

2016年7月17日、遂にウランを引き取りに行く日です。なぜか私の母親も付いてきたがったので、母と2人でボランティアさんの家にお邪魔することになりました。

車が渋滞していて約束の時間を大幅に遅れ、ボランティアさんが家に到着しました。ボランティアさんの家は、旦那さんと飼い犬がおり、2人と1頭で迎えてくれました。ボランティアさん家の犬も元野犬で、その子を引き取ったことをきっかけにボランティアを始めたそうです。その子は、私たちが家に入っても興奮したりすることなく、とても大人しく殆ど吠えずボランティアさんに寄り添っていました。犬ってこんなに大人しかったっけ?と驚いていると、さらに、コロンと転がってお腹を見せてくれました。

「野犬は怖いと思われがちですが、犬社会の中で育って社会性が身についているので飼いやすいんですよ。特にこの周辺の犬は、猟犬の様な生活でなく、息を殺して忍者のような生活をしている子が多いので、大人しく吠えないしトイレも自分の寝床ではしないんです。室内飼育に適しているんですよ。」

とのこと。確かにボランティアさんの邪魔をせず静かに寄り添っている様子は、信頼関係で結ばれているのが伝わってきて、私もこんな風になりたい!と思いました。

 

さて、肝心のウランですが、部屋の隅っこで固まってお座りしていました。おお!キレイにしてもらってる!でも相変わらず固まってる笑 そして、避妊手術したため、お腹に包帯が巻かれていました。ボランティアさんが茹でた砂肝やレバーを持って来てくれ、食べさせてくれようとしましたが、食べません。しかも、何回もくっさいオナラをする!緊張していると出るらしいです。

とりあえずボランティアさんから飼育のコツを聞いたり、これからの手続き等を進めたりしていると、いつの間にかお皿が空に!少しほっこりしたところで、ボランティアさんに無理やり外に連れ出されおしっこをして、バリケンに入って貰いました。

ボランティアさんからヤギミルクやジャーキー等のお土産まで頂いて、いざ自宅へ!

 

自宅までの道中、車内で何回もオナラをし、母と「臭い臭い」言いながら帰りました。まぁお漏らしもせずパニックにもならず良い子でした☺️

 

家に到着するともう夜でした。ウランも恐怖でヘトヘトだったと思いますが、私もヘトヘトでした。とりあえずボランティアさんに無事到着したことを報告し、これからどうすればいいか聞くと、バリケンから出ない子はバリケンとケージの入口を直結させ、ケージ内に餌を少しずつ道を作るように置いてケージ内に誘導すれば上手く移動してくれるかも、という助言をくれました。早速ドッグフードでケージ内に道を作って様子を見ます。全く出てくる様子がないので私は力つき就寝しました…。